この町にきた仲間

みんなの出身地! 越境入職者の声

北は北海道、南は沖縄まで、特定の養成校からでなく全国のさまざまな養成校から採用する方針です。京都で色々な出身の仲間と会えます。 すべての都道府県出身者が集まるのが京都大原のささやかな夢です!

兵庫県出身看護師於田篤
私は以前、急性期病院に勤めていましたが、回復期間後にも興味があり、病院見学に来た際に、大原の自然豊かな土地柄と、スタッフ全員が笑顔で明るく働いている姿に惹かれました。私もこの環境の中で働いてみたいと思ったことが転職の大きな決め手となりました。入職して1年が経った今は職場にも慣れ、仕事に来ることが楽しみに思えるほど充実した毎日が送れています。仕事だけに縛られず、まとまった休暇が取りやすいことも大原で働く魅力のひとつだと思います。
熊本県出身看護師前田真理
学生の時から九州以外、特に関西での生活に憧れており、就職説明会に参加しました。回復期リハビリテーション病院を希望していたのと、明るい環境の中で働きたいと思い、当院への就職を決めました。先輩がとても優しく、同期も多いので、困ったことや悩みごとがあった際にもすぐに相談できます。また、他職種と連携をとって意見交換をすることが多く、仕事をしていてやりがいを感じられます。 年間の休日数も多く、長期連休(10連休)が取れるので、実家への帰省や旅行へ行くこともできます。京都は観光、買い物など友達と遊ぶのもとても楽しく、熊本には無いものがたくさんあります。みなさん、ぜひ一度来てみてください!
北海道出身セラピスト ST目黒恵
以前は北海道の病院で仕事をしていました。大原では色々な経験をさせてもらえ、素敵な仲間もたくさんでき毎日楽しく仕事ができています。関空にはLCCがあるので、札幌⇔函館よりも安く帰れることもあります!
秋田県出身セラピスト PT継田貴大
雪をきにしない生活(降るには降ります)、1年経つとなんとなく様になった京都の言葉。長閑な大原の地で多くの患者様、先輩方からリハビリテーションについてはもちろん、人生、生き方、多くのことを学べていると感じています。
静岡県出身セラピスト OT遠藤ちひろ
もともと京都が大好きで学生の頃は1年に何度も旅行に来ていました。「そんなに好きなら住んでしまおう!」と思い立ち、求人票の来ていた大原へ・・面接で当時の主任に「観光目的か?」と聞かれ、そこは素直に答えました(笑)京都は都会と田舎と観光地がすごく近く、家族や友達がよく遊びに来てくれます。
大阪府出身セラピスト OT山中卓也
今年で10年目を迎えます。大原に初めて来たのは専門学校2年生の実習でした。スタッフの多さに圧倒されながら大原という景観の中で行われる回復期リハとスタッフの方々の魅力に魅かれたことを覚えています。実習での印象は今も変わりないはず!?
福島県出身セラピスト PT田中彌華
京都へは、京都の町並みに興味があり就職しました。思っていたより夏は暑く冬は寒いですが、四季がはっきりとしていてとても良い所です。病院の周りは山があり、外の散歩をするには最高の環境だと思います。
熊本県出身セラピスト PT田中祐樹
僕が京都に就職しようと考えたのは、単純なもので中学の修学旅行で訪れた際に「いつかこの場所に住もう」と思っていたからでした。就職して5年経った今では、京都の友人もたくさんでき、昔自分が憧れたような生活ができています。